わきの下は肩こり解消のマッサージのポイントのひとつ

腕がだるい、腕全体が痛い、腕の筋肉がパンパンに凝って辛いなどの症状

 

 

来院された人の原因の多くは肩こりや首の付け根、背中の凝り
腕に痛み、だるさ、シビレ感、力が入らないなどの
諸症状の引き金になっていることがあります。

 

脇の下のだるさ、コリ感痛み解消には

 

・脇の下周辺の肩関節周りの緊張解消
・後頭直筋群の緊張を解消すること
・鎖骨周りの胸筋
・関連した腕や脚の経絡と呼ばれる筋の緊張を狙います。

 

肩こりは問題の肩の筋肉をゆるめたくなりますが、効果を長持ちされるには関連したが胸筋、肩周りのコリ解消が大切です。

 

脇の下は肩こりに関係ないと思われがちですが、とても関係のある場所です。
肩こりもいくつかの辛くなる場所がありますが主に首こりに影響する場所です。
わきの下の筋肉は大円筋、小円筋、肩甲下筋、上腕三頭筋が主な筋肉です。

 

肩こりで肩で押さえたくなる場所の筋肉は僧帽筋または肩甲挙筋と呼ばれる筋肉です。
ここだけではダメなのかというとバランスが悪い感じが残ってしまうことが多いです。
なので全体の緊張[コリ]を見ながら解消するのを奨めています。

 

mail tel

LINE登録していただくことで初回500円引きのクーポンをプレゼントします。

line

line

トップへ戻る