背中の痛み、筋肉のだるい、傷のうずきの原因と指圧・灸

筋肉の痛みの半分以上は、痛んでいるとされる場所と全く違う場所にあります。
肩凝り、肩の痛み、背中の凝り、腰痛、脚の痛みに感じているのにです。
それはトリガーポイントと呼ばれているものです。

 

問題点の1つといっていいポイントです。
トリガーは引き金という意味です。
ポイントは場所。

 

引き金となって問題が起きる場所がトリガーポイントです。
実例としてよく肩凝りを扱いますが凝ったと指摘される場所に指圧をしたりマッサージをしても一時的には効果があるのですが戻ることが多いのです。

 

 

引き金になっているポイントや問題点に施術するのが効果的です。
この問題が起きたい場所は時間と共に関連した筋肉のライン上に緊張やだるさ、痛みをもたらします。

 

 

トリガーポイントの特徴

  • 緊張して固くなった筋肉のポイントに圧痛がある。
  • 圧痛部位を押すと痛みのある部分が痛みが現れる。
  • 典型的な関連痛パターンがある

 

その他にも自律的反射というのがあります。

 

この考え方でよく遭遇する症状の1つに肩が疼いて腕を上げると痛いという症状があります。
だんだんと痛んでいき四十肩、五十肩の初期かなと思ったりする人も多いです。
実際手があげると痛くなります。

 

状況から見て五十肩の初期と判断されることも多いですがこの場合のトリガーは首にある斜角筋だったりします。
ここの斜角筋と、トリガーの反応のあるのは鎖骨の下辺りだったりします。

 

 

トリガーで痛みの出る場所は筋肉の緊張も筋状に出てくるので揉んでも指圧しても効きますが首が改善しないとすぐに戻ってしまいます。
この症状で調整すべきは斜角筋ということになります。

 

 

 

また古傷が問題点となって胃潰瘍などの引き金になっていることもあります。
古傷は実際の傷の痕の他、精神的な傷もポイントとなります。
古傷は他に子どもの時の注射痕が原因であることもあります

 

 

 

もう一つよくある古傷の一つは足首の捻挫です。

 

先日大腿骨の外側が経っていると痛むという方が来院しました。
横になって触っても痛みません。
立っていると痛みが出ます。

 

足には緊張がないので腰か股関節だと推測しました。
腰に固い緊張がありましたのでここに鍼をして痛みが解消しました。

 

 

よくある質問に指圧ではダメなのかというのがありますが古傷は指圧より鍼かお灸が効果あります。

 


mail tel

LINE登録していただくことで初回500円引きのクーポンをプレゼントします。

line

line

トップへ戻る