妊婦さんの指圧と腰痛

だんだんお腹が大きくなると腰痛に悩む方も多いのですが、指圧は大丈夫でしょうかという問い合わせがあります。
指圧やマッサージは、胎動が始まってからが安心です。
お腹の中で劇的に変化しているからです。

 

お腹が大きくなるにつれてしんどくなります。
腰回りの重い感じを改善します。腰の筋肉もほぐれ楽になります。
妊娠の方は、状態に合わせて指圧の方も体の負担にならないようにします。

 

指圧の方法は、横向きでの指圧です。
全身指圧で腰痛の場合は、特に脚のツボとスジ、腰のツボを使います。
抱きまくらを用意しています。
ベットは、かなり広いので安心感があります。

 

ただ出来ないタイプの方はいます。
産婦人科医に安静を指示されている方、子供が予定より下りている方は、産婦人科医に、今一度ご相談されてください。

 


妊婦さんの指圧、マタニティマッサージと読んでいます。
指圧とマッサージはどう違うのかという質問をいただきます。
押すことを主体にした手技を指圧です。

 

私のところでは指圧ばかりではなくマッサージ(按摩)を併用しています。
これは経験的に押すことばかりではなくさすった方がいい場合もよくあるからです。

 

その方の体を診ながらの施術になるのが特徴といえば特徴です。
指圧の手技は足のツボで体内を変化させようと意識する場合はツボを使います。
腰痛や背中の緊張疲労を緩和させるときは、足のツボが母体に負担なく効果的に作用すると経験的に感じています。

 

 

お腹の変化で姿勢がかわり起こる腰痛

妊娠すると10s前後お腹側の体重が増加しますので、無意識のうちに姿勢が変化します。
どうしても後ろに反った姿勢になります。
骨盤や腰椎が前方へ傾きます。

 

背中の筋肉が後方へ支えてバランスを取っています。
絶えず背中が張った状態になっているので腰痛が起こります。
荷物を毎日もって歩いている状態になっています。

 

ホルモンの分泌が原因による腰痛

これは最近よく言われているのですが私には分かりません。
ただ女性は関節はゆるいことが多いですね。
出産で恥骨が数センチ広がったり、仙腸関節も出産時は動かないはずの関節が動きます。
ゆるさが原因の場合は温灸を使います。

 

妊婦さんの腰痛

腰痛と言ってもいくつかの腰痛があります。
足の付け根に痛みを感じたり、お尻や太ももにしびれを覚える人もいます。
どうしても腸腰筋が疲労しているのですが、お腹側からアプローチできません。

 

妊婦さんの腰痛施術はツボは足にありです。
足のむくみはマッサージで
腰痛の施術は足の指圧と腰のマッサージ

 

 

  • 背中側の脊柱起立筋を手の平で下から上にマッサージします。
  • 広背筋は、緊張が強いところをよくもみほぐ、または指圧します。
  • 仙腸関節やお尻の痛い部分は手の平で筋肉の硬結を溶かすように指圧します。
  • 仙腸関節の痛みはツボに反応あれば温灸で対処しています。
  • 腸腰筋は足と膝のツボで調整します。

 

東工大が研究した妊婦の腰への負担

妊婦の体形をコンピューターで解析した結果が東京工業大大学院の研究で発表されたことがあります。
妊娠しておなかが大きくなると、腰にかかる負担は体重が2〜4倍に太った状態に匹敵するそうです。
大学の研究では、 体重が50キロの人は、腰にかかる負担は100〜200キロに太った状態に相当するそうです。

 

椅子に座る場合、後ろへ20度以上傾けた状態で深く腰かけると負担は半減するそうです。
妊婦は体の前側だけに重みがかかり、腰痛を訴える人が多い。
無理にせずに動きも意識して負担にならないように工夫が必要です。

mail tel

LINE登録していただくことで初回500円引きのクーポンをプレゼントします。

line

line

トップへ戻る