前屈み作業の多い看護師、介護士の方の腰痛

看護婦さんの仕事はとてもハードです。
特にリハビリ病棟では片麻痺の方や寝たきりの方も多いので患者さんが移動しやすいように普通の病棟よりもベットが低くしてあります。
ベッドの上で入院生活を送っている人も少なくありません。

 

排尿、排便、食事、着衣、また介助や傷の処置などを行うときどうしても腰をかがめることが多くなります。
患者さんの体位を変える時なども無理な姿勢で力を入れることもしばしばあります。
こうしてるうちに腰は、疲労して痛みも時々感じるようになっていきます。

 

こういうことが続いていくと慢性筋肉疲労に移行し、治りにくい腰の状態になります。
ご本人たちは、職業病の1つかなと思っている方も多いでしょう。
だんだん悪くなってこのまま仕事が続けられるのだろうかと。
意識的に対処しないとひどくなるのは確実です。

 

ではどうすれば良いのか?
オススメは毎日の腰回りと下半身のストレッチや体操です。

 

腰痛症と呼ばれるものは腰の骨自体には異常がないことがほとんどです。
主に腰を支える筋肉の疲労によって起こる腰痛症または、単に腰痛と呼びます。

働く女性の間で多く見られる腰痛の特徴
  • 長時間立って仕事したり腰を掛けてディスクワーク。
  • 物を持ち上げることが多かったり動かしたりする仕事が多い。
  • 腰に鈍痛が出てくるという方もいました。
  • 歩いたりスポーツをしたりする時は、それほど痛みを感じない。
  • じっと座っていたり中腰の姿勢をとったりしてると痛みが出てくる。
  • 背中の両側の筋肉の辺りを押さえてみると痛いがそれ以外は特にこれといった症状は無い。

腰を支える腹筋が弱くなるといつも背筋のほうに負担がかかってそのため疲労を起こしていた。
いわば筋肉のアンバランスによる腰痛で運動ができるので運動が有効なタイプの腰痛です。

 

特に前屈みの姿勢が多い方は、ハムストリングと呼ばれる足の後ろ側の入念なストレッチが腰痛予防になります。
テラフィあけぼの橋では、背腰部の指圧、ハムストリングの調整、腸腰筋の調整と腸腰筋関連筋群の調整で腰痛、腰痛予防をしています。

 


mail tel

LINE登録していただくことで初回500円引きのクーポンをプレゼントします。

line

line

トップへ戻る