東京新宿にある整体指圧・鍼灸|テラフィあけぼの橋

トラックやタクシーでの職業の方に多い腰痛と鍼灸・指圧の実際

車で一番腰に負担をかけてしまうのでシートの低いスポーツカータイプです。
その次がセダンタイプ。車から降りる時に特に腰が痛む方。
腰が慢性筋肉疲労になってしまったために緊張で硬くなった状態になっています。

 

プロのドライバーの方で長時間の運転を仕事している人は、同じ姿勢による疲労と腹筋が弱りやすくギックリ腰などの起こしやすくなります
長時間同じ姿勢や重量物を手積み手降ろし作業があるとさらに腰に負担がかかります。
またドライバーは、腹部圧迫する姿勢を続けているので胃腸の働きも鈍りやすくなります。
痔の方も多いかと思います。

 

タクシードライバーの方も腰痛が多いと思います。
腰痛(急性ではない初期の腰痛)になったらまずは、積極的にストレッチや体操を1日何度か入れてみましょう。
腰痛予防のクッションなども試してみましょう。

 

トラックやタクシーでの職業の方に多い腰痛を回復する方法

 

車に一日中乗られている仕事の方は、かなり意識して「歩く」ことをしましょう。
腹筋と背筋を鍛え骨盤から背骨を両側から支える筋力を強化は、ラジオ体操とウォーキングです。
毎日 少しずつ(10〜20分)トレーニングすることで必ず良くなりますよ!!

 

手軽なウォーキングによる下半身強化です。
一日40分程度のウォーキングガオススメです。
40分が辛く感じるあなたは、かなり筋力が落ちているといえます。

 

最初は20分くらいでいいので徐々に40分程度に上げていきます。
毎日行っていれば10日程度で40分は苦痛でなくなります。

 

座り仕事では、頭に血が上りやすいために下半身に血液が十分にまわらずエネルギーが不足する上実下虚の問題である。
上半身と下半身のバランスが崩れて下半身に力がなくなるこの状態は冷えやのぼせが起こします。

 

ウォーキングは、有酸素運動になりカラダの7割の筋肉を鍛えていることになります。
上実下虚のアンバランスを整えて冷えやむくみが改善し、体力も付いていきます。
体力がつくと、疲労回復力もアップします。

 

テラフィあけぼの橋はあなたの腰痛を指圧と鍼灸でバックアップします。

テラフィあけぼの橋では、指圧や鍼灸を使い慢性筋肉疲労をときほぐします。
腰の問題は、部分的だけではなく下腿や上半身にも影響が及びます。

 

反応のあるツボを探して慢性筋肉疲労状態から弾力のある健康な筋肉への移行をサポートします。

 


mail tel

LINE登録していただくことで初回500円引きのクーポンをプレゼントします。

line

line

トップへ戻る