股関節型腰痛|腰を伸ばすと痛い

腰痛は、突き詰めると運動不足によるものが多い。
運動不足から来る腰痛の震源地はズバリ股関節です。
股関節は大腿骨の先端にある大腿骨頭が骨盤の外側にあるくぼみ入り、肩関節と同じようにあらゆる方向に自在に動くのが特徴です。

 

ディスクワークなど長時間に及ぶ座り姿勢が続くと股関節はガチガチに固まってしまいます。
固まったのが普通になり癖のように屈曲した状態になります。
※股関節の屈曲は膝が骨盤に近づく動きです。

 

 

これが運動不足型の腰痛の引き金となります。
股関節の屈曲が続くと背骨が倒れないように、まっすぐ立つために骨盤の前傾が強くなります。

 

その結果骨盤に連なる腰椎の前弯も強くなりすぎます。
これが腰椎まわりの筋肉や靭帯関節の負担となり慢性的な痛みやコリをが生じるようになります。

 

股関節と腰椎は連携して動いています。
物を拾う時のように前屈するときは、股関節も腰椎も曲がって動きます。

 

股関節がコリで固まって、柔軟に動かなくなるとそ、れを補うために腰椎は過剰に動きます。
前屈時に股関節の屈曲が制限されると腰椎が余計に曲がるようになります。
この負担の繰り返しで腰椎周りにダメージが蓄積していきます。

股関節関連痛腰痛の対策

股関節屈曲させる筋肉が硬くなってますので指圧ゆるめて可動域を広げます。
標的は太ももの前側にある大腿四頭筋が固くなっています。
大腿骨と骨盤と腰椎を結ぶのがインナーマッスル・深部筋である腸腰筋などです。

 

腸腰筋が固いと腰を伸ばすときにロックされたような感じになり痛みを感じます。
太ももが骨盤から後に離れる動きをさせる時の筋肉、大腿後側のハムストリング、お尻の大臀筋と中臀筋は弱っていることが多いのでウォーキングを勧めています。
ウォーキングは、運動不足で弱くなりやすいお腹の腹筋群、腹直筋、内外腹斜筋、猫背などの姿勢で硬くなる腰背部の脊柱起立筋に効果的。
腹筋群がゆるむと骨盤の傾斜しやすく腰椎にかかる負担を抑える腹圧の低下し腰痛の原因になります。

 

固くなった脊柱起立筋も腸腰筋も腰痛の素(もと)になりますので、しなやかに筋緊張になるよう指圧や鍼をします。
※あまりにコリで筋肉が固い場合は鍼をオススメします。

 

股関節関連痛腰痛の施術

体を貫く骨盤と脊柱の連なりに関係する筋肉がターゲット。
・腸腰筋の柔軟性
・大腿直筋の柔軟性
・脊柱起立筋の柔軟性
・膝関節のバランス
・足関節のバランス

 

以上を指圧や鍼灸を使って調整します。


mail tel

LINE登録していただくことで初回500円引きのクーポンをプレゼントします。

line

line

トップへ戻る