ひどい肩コリの原因のひとつ顎運動の問題と解消法

日本人に多いとされている肩コリ。
肩こりは首と肩の継ぎ目の背中近い部分
の強張り(こわばり)です。

 

この強張り(こわばり)は肩甲骨と頚椎
(C1-C4)を繋ぐ筋肉の強く緊張した状態
です。

 

いくつかある原因の一つは噛み締めです。

 

寝ている時また日常に顎運動(噛み締め)。
人は誰でも無意識に(睡眠時、起床時関
係なく)顎を動かしているようである。

 

この時の動作、上下の運動で、通常考え
られない首肩に強張り(こわばり)を起
こすようである。

 

この強張り(こわばり)も長い時間続く
と慢性化して触ってみると弾力のない生
ゴム様の筋肉になってしまう。

 

このパターンのひどい肩こりの解消法は
、原因を作らないことです。

 

日常で顎を意識して歯と歯を合わせずに
顎全体をリラックスさせることです。

 

もう一つ顎周りの固まった緊張は最初は
鍼灸、指圧でゆるめるととても楽になり
顎をリラックスするということが分かり
やすくなります。

 

 

mail tel

LINE登録していただくことで初回500円引きのクーポンをプレゼントします。

line

line

トップへ戻る