筋肉の緊張を取ることがリラックスのポイント!


眠りたいのに眠れない人、睡眠が浅い、寝た気がしないなどの障害が睡眠障害と呼ばれます。
テラフィあけぼの橋にやってくる利用者の方にも、眠りたいのに眠れない、という方がたくさんいます。
うつ病ではほとんどの場合、不眠をともないます。
自律神経失調症で医師によって睡眠導入剤が処方されるケースが多く見られます。
更年期には女性ホルモンの減少により寝付きが悪くなったり寝汗をかくため夜中に何度も起きたりするなど慢性的に睡眠不足してしまうことがあります。この時期には精神的にも抑うつ状態や不安感が強くなりがちこれらの場合にも不眠は現れます。

 

緊張やイライラなどをほぐして体をリラックスした状態にし、自然な眠りに誘うために鍼灸(はり灸)・按摩は有効です。
※都心では忙しく働いていて生活のリズムが不規則でという方もいて難しい場合もあります。

 

不眠症に対する鍼灸(はり灸)緊張をほぐし、自律神経の調整を行っていきます。夜、ぐっすり眠れるように、1週間に一度、あるいは2週間に一度といった頻度で、仕事帰りにテラフィあけぼの橋に立ち寄り、鍼灸(はり灸)を受けて帰る方がたくさんいらっしゃいます。
鍼灸(はり灸)によって首や肩の緊張ほほぐして、ホルモンバランスを調整して、仕事で疲れた心身をリセットするわけです。

睡眠・快眠記事一覧

私たちの日常ではストレスが溢れていますストレスを感じるなといってもなかなか出来るものではありません。ストレスは自分で感じるものなので鈍感になるか視点を変えることがポイントです。人が意識をコントロールしやすい方法の一つに呼吸法があります。ゆっくりと細く長く深呼吸すると落ち着いてきます。息を吐くときは自分の弱いものや悪いものが出ていくようなイメージで吐き出します。逆に吸い込むときは、頭のてっぺんから光...

疲労にも肉体的な疲労と精神的な疲労があありますがピークを過ぎると寝付けない、または睡眠が浅くなることがよくあります。精神的な疲労は脳に強いストレスを受けて自律神経のバランスを崩してしまいます。放置しておくと鬱に移行する場合があるので要注意です。精神的疲労は、休息であまり疲れが取れたと感じられない傾向があります。時間だけは睡眠をとったのに朝目覚めたときに疲れが解消せずスッキリとした目覚めがなく気だる...

歳を重ねると全体的に眠りの深さは浅くなってきます。あまり寝た気がしない感じるのは加齢による眠りの劣化というやつです。ツボ療法東洋医学では、陰気が体内で内臓を働かせる活力源となります。体力や加齢になるとこの陰気が減ってきます。三陰交は陰気を調整するツボの一つです。また頭の百会を指圧がお灸で整えます。こうすることで陰の気を引き上げてバランスを取ります。加齢によって途中目が覚めると眠りにつけない、または...

mail tel

LINE登録していただくことで初回500円引きのクーポンをプレゼントします。

line

line

トップへ戻る