東京新宿にある整体指圧・鍼灸|テラフィあけぼの橋

眼精疲労

この時代はデジタルの時代。スマホやパソコン、タブレットなど光る画面で目を疲れさせる生活です。
眼がショボショボする、眼の裏がズーンと痛くなる、眼がかすむ、まぶたがピクピクと痙攣するなどのような状態になります。

 

目の疲れがひどくなると首こり、肩こりや頭が重いといった身体の症状となって表れることがあります。
呼吸が浅い、イライラや憂鬱感などを伴う事もあります。

 

自分でできる眼精疲労(疲れ目)の手当て

目の疲れは、首コリや頭のコリ、顔のコリになり現れます。
眼が疲れた時は、蒸しタオルなどで温めたほうが効果的です。
じっくりと温めていくと、血管が拡張して血行が良くなり、疲労回復効果が期待できます。
眼のまわりや顔を軽くマッサージするのも疲労回復効果があります。

 

目の疲労回復 鍼灸の実際

 

スマートフォンやパソコンが当たり前の
ものとなってしまいました。
多くの目の酷使は皆さんが目の疲れを訴
えています。

 

眼精疲労でよくある症状

 

・頭が重い、ぼーっとする、頭痛
・首こり、肩こりがある。
・後頭部にこわばりがある。

 

・顔がこわばる
・眠りが浅い、夜中に目が覚める。
・ストレスが多い、気力が出ない
・イライラする。

 

 

テラフィあけぼの橋では目が疲れたら頭と顔、首のツボに鍼灸を加えています。
首から肩にかけては、緊張してこわばったツボに鍼灸します。

 

私がよく使う主なツボ

 

百会、頭の臨丘、目窓
晴明、承泣、四白
天柱、風池、完骨、天容、?門
肩井、ひじゅ、手の三里
足の三里、崑崙

 

手と足にあるツボ使うことで効果的にバランスを整えます。
終わる頃には目の前が明るくなり集中力が戻ることでしょう!

 

 

テラフィあけぼの橋はパソコン作業の方が多く、鍼灸のあとはを見え方が明るくなった、全体的にゆるんだ感じがする、リラックスした気分を味わうことができます。

 

 

mail tel

LINE登録していただくことで初回500円引きのクーポンをプレゼントします。

line

line

トップへ戻る